低身長でも魅力的に着こなせる!ミニドレス着こなし術

女性

装い方も千差万別

女性

様々な効果を発揮

ミニドレスのファッションのポイントにシルエットを意識的に挙げる女性は多く、美脚と長身効果で背丈の不安を持つ女子からも人気です。ミニドレスは1着で着こなしを左右するため、一例として、腰位置が高めで切り替えたミニドレスにはヒールの高い靴とのコーディネートで低身長をカバーできます。低年齢の女子からは着映え力も支持され、適度なコンシャスシルエットでスタイル美人が評価されています。丈が短いため、脚が太いタイプの女性にとっては隠すのが難しく、ロングや膝丈をセレクトされがちです。最近では、ロングインミニドレスも定番化し、インがミニ丈で、透け感ある素材で素肌がチラッと見えることで上手く体型カバーできると話題です。特に引き締め色となる黒や紺などのカラードレス、スリット入りもチョイスされ、細魅せ効果で人気を集めています。多少の肌魅せで垢抜けた感も演出でき、時計や巻物、アンクレットなど、カバーしたい部分の目線に合わせてアイテムを組み合わせることで印象までも様変わりさせられます。1着のドレスでも色柄や小物を駆使するだけで、装い方のセンスアップが図れるためにイベント問わずに支持されています。

カバーよりライン

脚の太さをカバーするにはロングドレスが選ばれがちです。ミニドレス問わず、色柄などで魅せ方も変わるため、丈によるカバー力はさほど影響されないことも知っておきたいファッション情報です。太ももは太いけれどふくらはぎが細いなど、脚のコンプレックスは千差万別です。ミニドレスでは前のみがミニ丈であったり、インがミニ丈に仕上げられているタイプもあります。丈だけではなく、ファッションではラインも重要です。特にドレス全般、生地自体に伸縮性は少なく、身体のラインにフィットするため、脚よりもウエストやヒップ、バストなどが際立つこともあります。見え方を意識した着こなし術をマスターすることで、ドレスも自分自身も引き立てることが可能です。例えば、マーメイドタイプは骨盤が強調されますが、セクシーなヒップラインとウエストの引き締め効果を得られるため、お尻が目立つ洋梨体型の女性にピッタリのミニドレスです。この時には胸元のデザインには全体に丸みが出てしまいやすいフリルなどは不要で、スッキリまとめるのが引き立て方、見せ方のテクニックです。

婦人

ドレス購入の極意

ロングドレスを通販ショップなどで購入する時には、着丈を十分に確認しておきます。ロング丈のドレスは、着丈によって印象が変わりますので要注意です。多くの方は、イベント時に身に着ける衣装として、ロングドレスを購入します。

ウーマン

魅力をアピールしましょう

キャバクラ嬢がドレスは、高い露出度で男性の視線を釘付けに、キャバ嬢の雰囲気を演出する特徴があります。自分の自信のある部分をアピールして男性をドキドキさせることや、逆に自信がない部分をカバーすることがドレスを着る目的です。

レディー

スーツも人気

キャバスーツは、一般的なスーツと異なり、女性らしさを強調した形になっています。そのため、胸元を強調したブラウスなどと合わせれば、ドレスに匹敵する華やかさを演出できます。いろいろなお客さんに対応するため、スーツも用意しておくと良いです。